車の買い取り相場

MENU

車の買取相場

車はいくらくらいで売れるものなのか知っておきたいというのは誰しもが思うことです。買取相場のようなものをここで話すことができればいいのですが、やはり個々の車によってまったく変わってきますので相場というのはないに等しいです。

 

ではどんな基準があって車の買い取り金額は決まってくるのでしょうか。その基準を知れば、自分の車の価値もある程度は見えてくるのではないでしょうか。

 

あなたの車の売却金額がきまる5つの要因

1.車の種類(モデル・年式・カラー)

車は毎年どんどん新しい種類やモデルが誕生していきます。その中であなたの車がどのくらい人気があるかが高額査定のカギです。もっとも高く買取されるのが最新のモデルの場合です。その中でも人気のカラーなどであれば値段も少しあがるでしょう。
また、最新じゃなく多少古い年式でも根強い人気があれば値段も比較的高くつくでしょう。要は需要があるか・ほしがってる人がたくさんいるかがポイントなわけです。

 

2.走行距離

こちらも大事なポイントで同じモデルで年式の車でも走行距離によって買取価格が全然違うことはよくあります。当たり前ですが車は所詮消耗品でしかないので乗れば乗るほど劣化していきます。乗り続ければいつかは買い替えしないといけなくなります。ですから、走行距離が長い≒劣化がひどいという図式が成り立つので価値も下がるでしょう。いくらいい車だといっても走行距離が10万キロだったら躊躇しちゃいますからね。

 

3.事故の有無

車を乗っていれば事故はつきものです。中には車体が大きく凹むほどの事故を起こして修理した車に乗っている人もいるかもしれません。そういった場合、当然事故歴というのは買取査定に影響します。これは買う側からしたら当たり前で、事故を起こした車よりは一度も事故ってない車を買いたいと思いますからね。
キレイに修理したとしても気づかれるのがオチなので隠さないでちゃんと言いましょう。査定員は正確に査定することが仕事なので毎日何十台と見ています。事故を起こした車が傷つきやすいのはどこかなどは当然熟知していますので、そのあたりを入念に調べられたらバレてしまいますよ。嘘をついてバレるというのは最悪のケースなのでそんなことになるのであれば初めから言っておいたほうがいいでしょう。

 

4.キズ・凹みの有無

事故歴にも関係しますが、キズや凹みがないかも入念にチェックされます。大きなものに関わらず、注意して見なきゃ分からないようなキズや凹み・走行にはまったく影響ないので直さなかったキズや凹みなどあるかもしれません。そういったものも当然査定額に影響してきます。

 

5.オプションの有無

車を買う時にインテリアを改装したり革シートに変えたりいろんなオプションをつけていれば買取価格はあがることがあります。ただし、カスタムされた特殊な車になっているので潰しがきかない面があります。カスタムに癖があったりすれば車自体はよくてもオプションはいらないという人も出てくる可能性があるので当然査定額も下がる可能性もあります。
買うときは世界に一台だけの愛車ではありますが、売るときは潰しの利かない車になる可能性もあると頭にいれておきましょう。